【体験記】無いなら作ればいいじゃん!ということで作ってみた&売ってみた!


突然ですが、「世の中にはこんなに沢山の洋服・アクセサリーがあるのに、自分の好みのものが見つからない。。」と不満に感じたことはありませんか?

また、「自分だけのオリジナルの洋服・アクセを作りたい!あわよくばそれを売ってみたい!」と思ったことはありませんか!?

今回は、スマホでさくっと自分だけのオリジナルアイテムが作れる、そして販売もできる嬉しいサービスを4つご紹介します!

◆SUZURI

SUZURI1
SUZURIはスマホから画像をアップロードするだけで、オリジナルのグッズが作れるサービスです。

たった1回のアップロードでTシャツ、スウェット、トートバッグ、マグカップ、スマホケースetcといったアイテムが一気に作れちゃいます!

1
2 3

画像をアップした後は①アイテム名を決めて、②アイテムに関する説明をつけて、③『トリブン』と呼ばれる、実際に商品が売れた際に自分が受け取れる売上を設定して完了です!

必要であれば各アイテムの画像の右上にある『お手入れ』ボタンを押して、画像の位置や大きさを調整して下さい。

なお、販売するアイテムの種類を絞り込むことも出来るので、例えば「スマホケースは画像のサイズが合わないから見栄え悪いし、売りたくないな」と思ったら、左上のチェックマークを外しましょう。

画像を作成、アップする際は以下の表をご参考に♪

アイテムの種類推奨画像サイズ
Tシャツ2,520×2,992px
トートバッグ1,969×1,969px
マグカップ3,102×1,260px
iPhone5/5sケース1,638×2,552px
iPhone6ケース1,717×2,520px
iPhone6sPlusケース1,889×2,960p
ベビーロンパース1,181×1,181px
ベビービブ1,260×950px

​各アイテムのプリント用画像のデータサイズ:5MBまで

↓アプリのダウンロードはこちらより↓

SUZURI

SUZURI
開発元:GMO Pepabo, Inc.
無料
posted with アプリーチ

◆UTme!

UTme!1
UTme!はアプリとweb上でTシャツ、スウェット、トートバッグをカスタム出来るサービスです。

カスタム方法がバラエティ豊富で①画像アップ、②テキスト、③スタンプ、④ペイントから選べ、それにプラスでスマホをシェイクして特殊効果をかけることが出来ます。

UTme!2

独特の加工効果でとてもアーティスティックな作品が偶然生まれてしまうことも?!

カスタムが完了した後はそのアイテムを投稿したり、アプリ内に保存したりできますし、もちろん出品することも可能です!

Utme!3

なお出品にはクリエイター=製作・出品者としての登録と、最大2週間ほどの審査が必要となり、その審査が通って初めてUTme!マーケットで販売が開始されます。

商品が1枚売れるにつき300円がデザイン費としてクリエイターに支払われます。

また、ユニクロではUTme!以外にも『UNIQLO CUSTOMIZE(ユニクロカスタマイズ)』というサービスがあります。

こちらではUTme!で取り扱っているTシャツやスウェット以外の、例えばパーカーやシャツ、カーディガンといったアイテムもカスタムの対象となっています。

また、カスタム方法はシルクプリント、インクジェットプリント・転写プリント、そして刺繍といった加工方法があるようです。

詳細はこちらでは取り上げませんが、サイトを見てみると、かなり自由に色々なことが出来そうなので、興味ある方はぜひチェックしてみて下さい!

↓アプリのダウンロードはこちらより↓

UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT。

UTme! – スマホでデザイン、君だけのUT。
開発元:UNIQLO CO., LTD.
無料
posted with アプリーチ

◆monomy

monomy1
monomy(モノミー)はオリジナルのアクセサリーが簡単に自作出来ちゃうアプリです。

アプリをインストールしたら、『つくる』ボタンを押して早速製作開始!
IMG_1048

作り方はとっても簡単!作りたいアイテムを選択し、1,500種類以上あるパーツから好きなものを選んで組み合わせていくだけ!
IMG_1049
IMG_1050

初心者向けにガイド機能もあるので、それに沿ってカスタムしていけばあっという間に完成!

作品が出来上がったら、投稿ボタンを押して、アプリ内のショーケースに投稿しましょう!販売が開始されます。

そして、実際に自分がデザインしたアクセサリーが購入されると、その購入金額の10%のポイントが付与されます。ポイントはmonomy内のアクセサリーの購入に利用することが出来ます。

アプリ上では他のユーザーが作ったアクセサリーも見れるので、それらを参考にして自分に似合うようなアレンジをするのも良いかもしれませんね!

↓アプリのダウンロードはこちらより↓

monomy - アクセサリーをつくれる、売れる

monomy – アクセサリーをつくれる、売れる
開発元:FUN UP INC.
無料
posted with アプリーチ

◆Quintet

quintet1
Quintet(クインテット)はアプリか、もしくはwebからアクセサリーを自作出来るサービスです。

作り方には2通りあり、一から自由にデザインする『フリーデザイン』と決まった形からアレンジしていく『パターンデザイン』があります。

IMG_1053

パーツの種類も豊富で、何と2,000種類以上もあるとのこと!

1からカスタムしようとすると、どのパーツを使えば良いか迷ってしまうので、まったく初めての方は事前にイメージを作っておくか、『パターンデザイン』から始めるのが良いかもしれません。
IMG_1054

こちらもデザインが完成したら商品名や説明文を記入し、カラーとタイプを選択して投稿することで販売が開始されます。
IMG_1057 IMG_1058

商品画面では、モデルにアクセサリーを合わせてみる『モデル試着』と、自分の写真にアクセサリーを合わせてみる『カメラ試着』があるので、よりリアルな着用した感じがイメージ出来ます!

ただしQuintetでは商品が売れた際の手数料等はもらえないようなので、その点はあしからず。。

↓アプリのダウンロードはこちらより↓

Quintet-オリジナルアクセをデザインして購入できる-クインテット-

Quintet-オリジナルアクセをデザインして購入できる-クインテット-
無料
posted with アプリーチ

NEXT:各サービスを実際に使用してアイテムを作ってみました!
(次ページへ続く)