フレッシュマンも中堅も!お手軽オーダーメイドスーツでひとつ上のビジネスマンに!


2016年も早いものでもうすぐ4月!

新入社員の方はもちろん、3年目・5年目等と新年度を迎える方も何かと身の回りを新調したくなる時期ではないでしょうか。特にスーツは消耗品なので定期的に手入れをしたり、入れ替えをしたいところ。

そこで今回はそのサラリーマンの命ともいうべきスーツ・シャツについて、お手軽に自分だけの一着が作れるオーダーメイドサービスをご紹介します!

◆Original Stitch

OriginalStitch1
Original Stitch(オリジナル スティッチ)はオンライン上からお好みのデザインのシャツをオーダーできるサービス。

OriginalStitch2
立体的なイメージで確認出来るので分かりやすいですね

シャツの生地・袖・襟の形・ボタンの種類、刺繍など14の項目をカスタマイズすることが出来ます。順番に沿って好みのものを選んでいきましょう。

OriginalStitch3
ボタンの種類も沢山あります…!

仕上げに自分のサイズ情報(身長・体重・ウエストサイズ・好みのフィット感)を入力!

完成されたシャツがカートに入ります。
OriginalStitch4

一度カスタマイズしたデザインは保存可能!メニューの『デザインボックス』から呼び出せます。
これなら何かしら用事が入ってしまい中断してしまったとしても、途中から再開できるので安心ですね♪

また、「一からカスタマイズするのは億劫。。」という方には、既存のデザインから選べるメニューもありますので、取り組みやすいと思います!

注文後、約3週間でお届け。もしサイズが合わないという場合でも、30日間は無料交換が出来るので、「忙しくて申請するのを忘れた!」という残念なことも起きなさそう!

気になる品質ですが、MADE IN JAPANで熟練の職人によるハンドメイドとのこと。

頻繁に、かつ長く着るシャツだからこそ上質で自分の体に合ったものを持っておきたいですね!

◆Factelier

Factelier1
Factelier(ファクトリエ)は日本初のファクトリーブランド専門ECサイト。

通常、アパレル商品はブランドのタグやネームが付いて販売されていますが、Factelierでは中間業者や販売元などといった余計な流通ルートを排除し、工場で作られたものを直接販売するスタイルをとっています。

その為コストが抑えられ、上質な洋服を比較的安価に提供することが可能になっています。

取り扱っている商材は幅広く、ビジネススーツはもちろんのこと、パーカーやジーンズいったカジュアルアイテムやレディース・ベビー用品も展開されています。
Factelier2もちろんオーダースーツ(パターンオーダー)の受注も取り扱っており、まずはネット上で仕立券を購入、後日銀座にあるお店に行って採寸や生地等をオーダーメイドしていく形です。

仕立てには4週間程かかるとのこと。

Factelier3
色々とアレンジ出来そう

またオーダーシャツについては、画面上で各オプションから自分のサイズや好みを選択して購入できるようになっています。

こちらは注文から約2~3週間でお届け。

Factelier4
こだわりポイントを写真付きで解説!

各商品にはそのセールスポイントや生産工場の方のコメントなども載っており、作り手のこだわりや想いが伝わってきます。

Factelier5
普段では中々見ること・聞くことのない工場についての情報がぎっしり!

全体的にややお高めな印象を受けるかもしれませんが、日本の一流の工場で作られたものが着られると考えれば、納得できる価格だと思います。

新卒の方にはやや厳しいかもしれませんが、お金に余裕が出来た3年目や5年目以降の方であれば一着オーダーしてみては?

◆La Fabric

La Fabric1
La Fabric(ラ ファブリック)はメンズに特化したカスタムオーダーの通販サイト。

こちらも上述のFactelier同様、中間コストをカットしその分を商品価格に還元しています。

取り扱っているのは、スーツを中心としたフォーマルアイテムと、一部デニムなどのカジュアルアイテム。

Factelierと比べると低価格なラインナップで、価格体系についても例えばスリーピース・スーツでは29,800円、44,800円、58,000円と一つのカテゴリにつき3種類ほどのシンプルなものになっています。
Screenshot_2016-03-15-00-41-58

オーダーの方法も至って簡単。画面ガイドに従いながら、ジャケットやパンツのディティールについて自分の好みを選んでいくだけ。

La Fabric3
イラスト付きなので分かりやすい!

Screenshot_2016-03-15-00-43-33

カスタム後、サイズ情報を入力してオーダー完了。サイズ情報の登録は①動画を観ながら自分で採寸する、②出張採寸サービスで採寸してもらう(23区限定)、③渋谷にあるショップで採寸してもらう、の3つの方法があります。
Screenshot_2016-03-15-00-44-20

都内に住んでいる方はこの際に②か③を利用してみては?自分のサイズが分かれば、私服を通販で買う時も大いに役に立ちますよ!

オーダー後、お届けまでは約4週間。もしサイズが合わない場合は、ナント5,000円までお直し代を負担してくれるという手厚い補償もついています!

もちろんこちらもMADE IN JAPAN。安心の品質です。

「初めてオーダーするんだけど、色々と不安。。」という方にこそオススメしたいサービスです!

◆まとめ

いかがでしたでしょうか。これまでは敷居の高いイメージだったスーツのオーダーメイドですが、今ではウェブ上から簡単に作れるようになりました!

しかもいずれも手厚い補償があるので、もし万が一失敗しても安心なのがとてもありがたいポイント。

これらのサービスを上手く使ってスーツに着られない、(まずは見た目だけでも!)ひとつ上のビジネスマンにステップアップしましょう!